都電もなかには深煎りを

今日は休日を利用して、都電荒川線に乗ってきました。


途中の駅に”都電もなか”という名物があるのですが、ゲットしてきました。


こんな美味しそうな和菓子のときは煎茶も良いですよね。

ちなみに煎茶も基本の抽出温度は80℃程度でコーヒーよりもさらにぬるめです。

玉露はもっと低い温度で60℃くらいとされています。目安ですが。


実際温度を測って淹れてみると確かに苦味が抑えられてまろやかな味わいになります。



といいつつ我が家では和菓子もだいたいコーヒーと併せることが多いです。笑


あんこを使った和菓子には中深煎りから深煎りで重すぎないテイストのものがおすすめでカフェニルのラインナップだとヨーロピアンブレンドやタンザニアなんかが良いと思います。


緑茶切らしちゃってという時はお試しください😊



途中飛鳥山公園によったのですが、自然が多くてリフレッシュできました。



ということで心機一転、明日から通常営業となります。ご来店心よりお待ちしております。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

今日は"コーヒーの日"

みなさん今日は"国際コーヒーの日"なんです。 知ってましたか?知らなかったですよね。笑 バレンタインみたいにチョコをあげるとかクリスマスみたいにプレゼント交換するとかそういうのはないんですが、国際コーヒー機関(ICO)が定めた世界共通のコーヒーの日なのです。 ということでせっかくなので今日はお店で・お家で・職場でぜひぜひ美味しいコーヒーを楽しんでくださいませ😋 しかも今日は中秋の名月”お月見”!

コーヒーの規格2:コロンビア

以前に"コーヒーの規格1:ブラジル編"を投稿して以来すっかり放置になっていた規格についての続編です。笑 昔からコーヒーが好きという方には"コロンビア スプレモ"というのはなんとなく聞き馴染みがある名前かもしれません。 前回のブラジルでは欠点豆の個数・スクリーンサイズ・味の3要素で規格を分けていました。 これに対し、コロンビアではスクリーンサイズだけでの評価となっています。 スプレモはスクリーン17

0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888