落ちきりを気にしなければドリップは楽になる。

今日は主にハリオのドリッパーを使ってる方向けです。


僕も昔家で初めてドリップをした時、ドリップって難しいというイメージがありました。



教本とかネットをみたりして、だいたいのセオリーがあると思うのですが、


・お湯は85℃から90℃


・ペーパードリップに適しているのは中細挽き


・粉とお湯の量は書いてあるものによってばらばら


・お湯が落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう


・抽出時間は2:30から3:00くらいで


だいたいこんなところでしょうか。



でいざトライしてみると、これがうまくいかない。



ハリオV60でトライすると絶対にお湯が落ち切っちゃいそうになる。

で焦ってお湯を注ぐと早く終わっちゃう。1分ちょっとで出来上がり。笑


もちろん味薄い。


台形のドリッパーだともう少しお湯が持つんですけどね。



ということでお湯は途中で”落ち切っていい”のです。


最近は落ち切っていい派のお店が増えてきました。


ちゃんとある程度新鮮で状態の良い豆なら大丈夫なんです。



もしそれで雑味が出るなら過抽出なので、


挽き目を少しだけ荒くしたり、

抽出時間を少しだけ早めたり、、


違うところで変えていけばいいと思います。


そんなドリップの話(hario編)でした😊


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

ラオス アラビカG1販売中です!

だんだんと暑くなってきましたね。 先日、妻(カフェニルの代表)がこの夏はどうしても美味しいアイスカフェラテが自宅で飲みたいとおっしゃるので家庭用エスプレッソマシンをネットで買ってみました。グラインダーも。 到着したらレビューするかもしれません。 さてさて今回は深煎りコーヒーのご案内です! ラオス人民民主共和国。名前は聞いたことあるけど、、というかたが多いと思いますが中国の左下くらい、ミャンマー・タ

コスタリカ フアンカルロス販売中です

今回もエウレカコーヒーロースターズさんから美味しいコーヒーをということで、 <酸味タイプ・浅煎り>のコーヒーのご紹介です。 近年コスタリカではハニープロセスという精選方式が有名で、特にスペシャルティコーヒーではハニーが主流なんですが、このコーヒーは伝統的な水洗式で仕上げられています。 どう違うかというと水洗式の場合、コーヒーの果実の粘液質を取り除いた種の状態で水に浸して発酵させるのでクリーンですっ

新商品のお知らせ:スプリングブレンド

昨日からずいぶん寒くなりましたね。 そういえば先日人生初めて胃カメラをやりました。(鼻からタイプ) 特に異常はなかったのですが、年齢の割には胃が疲れてるねぇといわれてしまい、、コーヒーの飲み過ぎですかね。笑 あと運動不足。 今年はいつもより体を動かそうと思います。 ということでスプリングブレンドはじまりました。 https://www.caffenil.com/product-page/%E3%8