落ちきりを気にしなければドリップは楽になる。

今日は主にハリオのドリッパーを使ってる方向けです。


僕も昔家で初めてドリップをした時、ドリップって難しいというイメージがありました。



教本とかネットをみたりして、だいたいのセオリーがあると思うのですが、


・お湯は85℃から90℃


・ペーパードリップに適しているのは中細挽き


・粉とお湯の量は書いてあるものによってばらばら


・お湯が落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう


・抽出時間は2:30から3:00くらいで


だいたいこんなところでしょうか。



でいざトライしてみると、これがうまくいかない。



ハリオV60でトライすると絶対にお湯が落ち切っちゃいそうになる。

で焦ってお湯を注ぐと早く終わっちゃう。1分ちょっとで出来上がり。笑


もちろん味薄い。


台形のドリッパーだともう少しお湯が持つんですけどね。



ということでお湯は途中で”落ち切っていい”のです。


最近は落ち切っていい派のお店が増えてきました。


ちゃんとある程度新鮮で状態の良い豆なら大丈夫なんです。



もしそれで雑味が出るなら過抽出なので、


挽き目を少しだけ荒くしたり、

抽出時間を少しだけ早めたり、、


違うところで変えていけばいいと思います。


そんなドリップの話(hario編)でした😊


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

ブラジル・アナエロビック販売中です!

毎日オリンピックから目が離せない今日このごろ。 でも自国開催だと深夜は競技がないから寝不足にならなくていいですね! ということで今日は浅煎りのコーヒー豆をご紹介いたします。 <ブラジル ハンショグランデ農園 ワインバレルアナエロビック> コーヒー業界でここ数年注目を集めている"アナエロビックファーメンテーション"(嫌気性発酵)。 空気に触れさせずに発酵工程を経ることで通常のナチュラルやウォッシュト

レシピ:急冷式アイスコーヒーもうひとつ

こんにちは。カフェニルの松田です☺️ SNSを見た方もいらっしゃるかもしれませんが、Caffè Nil は本日おかげさまで4周年を迎えることができました。 普段お店に来てくださるかたや、オンラインでご注文くださるかた、なかなか利用できないけど陰ながら応援してくださってる方、まだ来た事ないけど気になっててフォローしてくれてるかた、取引先のみなさまそしてスタッフ、色々な方々のおかげで運営がなりたってい