紙ストローをもらったので早速




試してみました!



人間の慣れって怖いですね。もう口がプラスチックストローにすっかり慣れきっているので、ちょっとした紙のザラザラ感が気になっちゃって美味しい美味しくないがよくわからないです。ただ僕は飲みきるまでが早いのでふにゃふにゃには全然ならなかったし実用性は充分ですね。


ネックなのはやはり価格と使用感だと思います。

まだ価格も白無地とかのものでプラストローの5倍から10倍しますし。


あと飲みきるのに1時間くらいかかるとなってくると使用感もより低下するような気がします。




マイお箸とかタンブラーみたいにプラスチックでリユースできるおしゃれものを作る方が現実的な感じがします。ただ筒状の内側を洗わなくてはいけないところがリユースの面倒に感じる点ではありますが。




実は先日もたまたま金属ストローを試す機会があったのですが、口に入れた時の硬さというか金属感がすごくて結構慣れが必要だなとおもいました。

リユースという意味では金属ストローはとてもいいのですが、僕はあんまり使いたいと思えないです。実際。なんか先端恐怖症ではないけど似たような怖さがあります。固すぎるし。




やっぱり1週巡って利便性・経済性・使用感ともにプラスチックストローが一番。


と言いたいところですが、世の中のながれもあるので、生分解プラスチック製とかグリーンプラのものが安くなってくればそれがいいかなぁと思ったりします。



紙ストローがいい!と言われると割り箸は森林伐採だ!といっていた人たちは何処へと思わなくもないのですが。



一番賢いのは早々にストローを無くしてしまった"すかいらーくグループ"でしょうか。

なければないで困らないなと思ったりする今日この頃でした。


0