top of page

自家製ジンジャーシロップのレシピ



炭酸で割ればジンジャエール、寒い日はお湯を足してホットジンジャーや ジンジャーミルクティーにしたりと色々楽しめるジンジャーシロップ。ぜひご自宅でもトライしてみてください。


用意するもの

  • ビンなど保存容器


材料

  • 生姜 250g

  • 三温糖 250g

  • はちみつ 15g

  • シュガーシロップ 125g

  • ブラックペッパー 1粒

  • カルダモン お好みで

  • クローブ  お好みで

  • レモン果汁 50g(後で加える)

※シュガーシロップがない場合は水60gと砂糖65gをあらかじめ火にかけて5分ほど煮詰めておきます。 ※スパイスはなくても作れますがあるとより美味しくなります。


作り方

  1. 生姜は軽く皮をむき1〜2ミリくらいのスライスにする。

  2. 三温糖をまぶし2時間くらいたまに混ぜながら漬け込む。

  3. 生姜から水分がでて三温糖がしっかり溶けたらレモン果汁以外の材料を全て入れ鍋で煮込む。(15分程度)

  4. 火からおろし粗熱が取れたらレモン果汁を入れる。

  5. ザルなどで濾して出来上がり。

  6. シロップはビン、煮詰めたショウガはタッパーなどで保存してください。

※一緒に保存しても大丈夫ですが別々の方が使いやすいです。


ポイント


生姜の皮むきは丸めたアルミホイルでこするのが楽です。細かいところに残った皮はそのままでもOK。 加熱の加減で濃さがちょっと変わってくるのでこの辺は好みで変えてみてください。

味の決め手は最後のレモン果汁。この量次第で雰囲気がガラッと変わるので面白いです。

あとお店では試したことないのですが、ジンジャーシロップは冷凍保存も可能とのこと。


ご興味あるかたぜひ作ってみてください😀

閲覧数:147回

最新記事

すべて表示

コーヒーは毎日淹れるからあんまりこだわって淹れると続かない。しかし美味しくないのもやだ。簡単で美味しく淹れたい。そんな方のための<ハンドドリップのレシピお手軽編>です。 とにかく"簡単で美味しい"レシピをご紹介したいところではありますが、とは言ってもやっぱり全部がなんとなくでは毎回出来上がりが不安定になってしまったり、美味しくなくなってしまうこともありますよね。 ということで今回お勧めするのは重さ

水にコーヒー粉を浸して作る"コールドブリューコーヒー" とろっとした質感の軽めで爽やかなアイスコーヒーを楽しめます。 特別な器具を必要とせず、不織布のバッグなどにいれて浸すだけなのでポイントをおさえれば失敗もなくお手軽です。 用意するもの 容量500cc以上のビンなどの容器 不織布のバッグ ※メッシュフィルターと容器が一体になったコールドブリューボトルがあればそれひとつでできます。 材料 浄水もし

bottom of page