レシピ:急冷式アイスコーヒーの作り方

今日はジメジメしていますねぇ。


とはいえ夏はもうすぐ。本格的にアイスコーヒーの時期到来です。


ということでアイスコーヒーのレシピをご紹介します。



第一回目は"急冷式"です。



アイスコーヒーを作る方法としてはもっともメジャーではないかと思います。



考え方はシンプルで、濃いめにドリップしたコーヒーを氷で急冷する。


以上です。これがまぁ簡単なようで簡単でないというのが個人的な急冷式のイメージです。笑



レシピ

コーヒー粉 20g

お湯の量  200g

氷の量   120g

※だいたい1.5杯から2杯分です

※去年も急冷のアイスコーヒーの記事をアップしておりました。分量は違いますが比率は同じです。

氷の量までいれて改訂版になっております。


  1. ドリッパーにペーパーフィルターとコーヒーの粉をセット。

  2. サーバーには先に氷を入れておきます。

  3. お湯を沸かし90℃くらいになったら抽出開始。

  4. だいたいですが40ccを5回くらいに分けて注ぎます。

  5. 落ちきったらかき混ぜて氷を溶かし切ります。

  6. 氷(分量外)を入れたグラスに注いで完成。


あとは好みに合わせて調整するのですが、挽きかたは中挽きだとあっさりめ、細引きだとしっかりめな味わいになります。

または粉を増やしても濃度感がまします。



あと豆を買う際に同じ豆でもアイスの方が酸味を感じやすくなるので、いつも買う豆よりも少しだけ深煎りの物を買うと好みの味になりやすいと思います。


ホットより粉が多い分、満遍なくお湯が行き渡るように意識するのがコツですね。


でも氷さえあれば思いたった時に作れるのがこの急冷式のメリットです。



水出しはすぐできませんからね。


ということで次回は水出しコーヒーです。



ではまたー☺️

最新記事

すべて表示

レシピ:水出しアイスコーヒーの作り方

こんにちは。前回に引き続きアイスコーヒーのレシピ第二弾ということで今日は専用器具なしで作れる水だしアイスコーヒーの作り方をご紹介いたします。 水出しコーヒーはメリットいっぱいでわざわざお湯を沸かす必要もなく、失敗も少なくさっぱりとした美味しいアイスコーヒーが飲めるので非常におすすめです。 レシピ 用意するもの 浄水:500cc コーヒー粉:33g 600-700cc以上はいる容器 ドリッパー ペー