top of page

ミルクブリューコーヒーのレシピ

牛乳にコーヒー粉を浸して作る"ミルクブリューコーヒー" お水を使用しないので濃厚なミルク感を楽しめます。

不織布のバッグなどにいれて浸すだけなのでポイントをおさえれば失敗もなくお手軽です。



用意するもの

  • 容量500cc以上のビンなどの容器

  • 不織布のバッグ ※メッシュフィルターと容器が一体になったコールドブリューボトルがあればそれひとつでできます。

材料

  • 冷たい牛乳 450cc

  • 浅煎りから中煎りのコーヒー豆 30g

※まずは牛乳がおすすめですが、豆乳やアーモンドミルクなどでも作ることができます。



手順

  1. コーヒー豆をペーパードリップ用の細かさに挽く。

  2. 不織布のバッグにいれる。

  3. 容器に牛乳とコーヒー粉をいれ冷蔵庫で8時間浸す。

  4. 軽く攪拌して味見をする。

  5. 好みの濃さになっていればコーヒーを取り出し完成。


ポイント


色々な豆で試してみましたが、ミルクブリューコーヒーには浅煎りのフルーティーなタイプが向いています。 深煎りの豆の場合は味が淡白になるので、ミルクブリューよりもコールドブリュー(水出し)や急冷式でアイスコーヒーを作ってからカフェオレにする方がおすすめです。


また不織布の大きさや目の荒さなどで味の出やすさが若干変わるので、8時間から12時間くらいで一度味見をして、コーヒーの味が薄いなと思ったらそのまま浸けておく、もしくはちょっと渋い感じやイガイガした感じが出てきたら取り出すようにしてみてください。


酸味タイプのコーヒーが苦手な方で持て余してる豆があるという方もぜひ挑戦してみてください☺️

閲覧数:406回

最新記事

すべて表示

コーヒーは毎日淹れるからあんまりこだわって淹れると続かない。しかし美味しくないのもやだ。簡単で美味しく淹れたい。そんな方のための<ハンドドリップのレシピお手軽編>です。 とにかく"簡単で美味しい"レシピをご紹介したいところではありますが、とは言ってもやっぱり全部がなんとなくでは毎回出来上がりが不安定になってしまったり、美味しくなくなってしまうこともありますよね。 ということで今回お勧めするのは重さ

水にコーヒー粉を浸して作る"コールドブリューコーヒー" とろっとした質感の軽めで爽やかなアイスコーヒーを楽しめます。 特別な器具を必要とせず、不織布のバッグなどにいれて浸すだけなのでポイントをおさえれば失敗もなくお手軽です。 用意するもの 容量500cc以上のビンなどの容器 不織布のバッグ ※メッシュフィルターと容器が一体になったコールドブリューボトルがあればそれひとつでできます。 材料 浄水もし

bottom of page