top of page

ペーパードリップのレシピ お手軽編

更新日:2023年2月6日




コーヒーは毎日淹れるからあんまりこだわって淹れると続かない。しかし美味しくないのもやだ。簡単で美味しく淹れたい。そんな方のための<ハンドドリップのレシピお手軽編>です。


とにかく"簡単で美味しい"レシピをご紹介したいところではありますが、とは言ってもやっぱり全部がなんとなくでは毎回出来上がりが不安定になってしまったり、美味しくなくなってしまうこともありますよね。


ということで今回お勧めするのは重さだけ量ることです。温度計はなし。ちょっと湯ざましで大丈夫です。タイマーもなしで時間も感覚でいきましょう。キッチンスケールだけ出してもらって、重さだけ量ってもらったらずいぶん安定するはずです。

"まぁそれだけならやってもいいわ"と思ったかたはぜひお試しください☺️

 

用意するもの

  • ドリッパー

  • ペーパーフィルター

  • サーバー(カップに直接でも可)

  • ドリップケトル(お湯を注げるものならなんでもOK)

  • キッチンスケール

  • コーヒーカップ


材料


  • 中挽きのコーヒー粉:14g

  • お湯:210cc(g)


準備

  1. まずスケールの上にサーバーとドリッパーを乗せてペーパーをセットします。

  2. コーヒー粉を14g計り、軽く揺すって平らにします。

  3. スケールの表示を0gにしておきます。


手順

  1. 沸いたお湯をケトルに移しだいたい1分くらい待ってから注ぎます。 おおよそ85℃から90℃にしたいのでちょっとお待ちください。

  2. 最初に50gくらいのお湯をかけます。 全体に満遍なくかかるととても良いです。 コーヒーのいい匂いが立ち上りますのでお楽しみください。

  3. 30秒くらいかなぁと思ったらまた50gかけます。

  4. お湯が落ち切りそうになったらもう50gかけます。

  5. またお湯が落ち切りそうになったら60g、計210gになるまでお湯をかけます。

  6. 落ちきったら完成。


美味しいコーヒーの出来上がりです


いかがだったでしょうか?このくらいだったら面倒じゃないと思っていただけるといいのですが、、

もちろんこれでお店の味!とまではなかなかならないかもしれませんが、お家で淹れるコーヒーにストイックになりすぎて気疲れしてしまっては元も子もないのでリラックスと美味しさのちょうどいいバランスを見つけてもらえたらいいなと思います。


おおまかにいうとおおよそ30秒ごとに4回に分けてお湯を注ぐだけなのですが、これくらいアバウトなレシピでも挽き目とか豆の状態とかがうまく噛み合うと結構美味しく淹れられるので、ぜひ試してみてください。


ということでハンドドリップお手軽編でした☺️

閲覧数:119回
bottom of page