top of page

コーヒーの栽培2:発芽

更新日:2020年1月9日

今日は定休日です😊



さて前回ふとパーチメントコーヒーを見つけたら植えてみようと思いたったところですが、調べてみるとある事実が判明。


"植えてから40〜60日ほどで発芽します。"



長い。そんなに待てるだろうか、、というか発芽した頃にはもうすっかり忘れてそうです。しかもまだ植えてないのに。笑



ちなみにこのパーチメントと呼ばれる、コーヒーの生豆を守る殻。生産国から船に荷積みされる直前で脱穀されます。


というのもこのパーチメントをつけておくことで品質劣化を最小限できるからなのです。


出荷前に脱穀してしまうのは、重量・体積が減って輸送コストが減るからというのは宅配便と同じ要領ですね。



輸送船のなかでは赤道付近の高温多湿を通る際に気温によるダメージが大きく、温度変化の少ない船底に近い方が生豆の輸送には適しているそうです。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

コーヒーは毎日淹れるからあんまりこだわって淹れると続かない。しかし美味しくないのもやだ。簡単で美味しく淹れたい。そんな方のための<ハンドドリップのレシピお手軽編>です。 とにかく"簡単で美味しい"レシピをご紹介したいところではありますが、とは言ってもやっぱり全部がなんとなくでは毎回出来上がりが不安定になってしまったり、美味しくなくなってしまうこともありますよね。 ということで今回お勧めするのは重さ

水にコーヒー粉を浸して作る"コールドブリューコーヒー" とろっとした質感の軽めで爽やかなアイスコーヒーを楽しめます。 特別な器具を必要とせず、不織布のバッグなどにいれて浸すだけなのでポイントをおさえれば失敗もなくお手軽です。 用意するもの 容量500cc以上のビンなどの容器 不織布のバッグ ※メッシュフィルターと容器が一体になったコールドブリューボトルがあればそれひとつでできます。 材料 浄水もし

bottom of page