コーヒーを淹れる器具がない!そんなときは



お祝いやお返しにコーヒー粉をもらった。美味しそうな香りが漂ってくる。


しかし淹れる器具がない。あるけどフィルターがない。こんな大ピンチがいつ襲ってくるとも限りません。そんな時は手軽な"奥の手"でコーヒーを楽しみましょう。



ということで使うアイテムはキッチンにきっとあるであろうあれです。


”茶こし”


では淹れ方です。


1・お湯を沸かします。


2・茶こしにコーヒー粉をいれます。もしできたらこの時点ですこし粉を振るって細かすぎる粉をある程度落としておきましょう。(茶こしが小さくて粉がこぼれそうならやめておきましょう。)


3・コーヒーカップに茶こしをセットし、しっかり浸るところまでお湯をいれ、3分待ちます。


4・3分待ったら静かに茶こしを外し完成。



ペーパーフィルターで淹れるのと同じ味にはなりませんが、結構しっかりと味が出ますし香りはペーパーフィルターよりも出るかもしれません。

ただこの淹れ方はどうしても微粉がでて、口に粉っぽさがやや残りますのでこれが苦手な方には飲みづらいかもしれません。そういう場合は飲む時にできるだけ揺らさないようにして、カップの下にたまる微粉は残すようにしましょう。


ちなみにコーヒー粉の量はコーヒーカップなら10〜12gくらい、マグカップなら16〜18gくらいがいいと思います。実際のカップの大きさや好みでも変わりますのでこの辺は参考までに。


もし頂き物のコーヒーが豆で挽く機械がない!という方はカフェニルに持ってきてもらえれば挽きます。笑 すぐできますのでお気軽にお持ちください😊

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

新鮮なコーヒーから出る炭酸ガスは、、

前回に続き梶さんに教えていただいた話で今回はコーヒーの炭酸ガスについてです。 実はコーヒーフェスティバル2日目にはコーヒーの世界選手権で優勝した台湾出身のバリスタが飛び入りで参加してくれてたのですが、このチャンピオン、ステージの脇で挽いたコーヒーの粉をスプーンでこねこねしてました。 、、、いったい何してるんだろう、、動きがシュールすぎる、、と思ってブースからみてたのですが、笑 炭酸ガスを抜く作業な

コーヒー豆の保存について業界のプロに聞いてみました。

実はコーヒーフェスティバル最中には中央のステージで色々なイベントもやっていて、カフェニルのブースはステージの真裏だったので、営業しつつ聞き耳を立てつつ営業しておりました。笑 そのなかで気になったワードが、"コーヒー豆の保存は冷凍"でした。 個人的には常温の方がいいんじゃないかと思っていたので。 ということでここがフェスティバルのいいところで、今回は実行委員長の梶さんに直接聞いてみました。 そのなか

自分の好みがわからないときのコーヒーの選び方

まだまだ暑いですね!と書こうと思ったら昼過ぎから涼しくなりましたね。笑 昨日は営業を終えてからcafe & dining Kuriyaさんでご飯をたべました。 夜はお酒と料理という感じなのですが、昨日は子供連れで晩御飯。美味しかったです。 行徳は個人店が多いので開拓する楽しさがあるし、良いお店多いですね。 さてさて本題。皆さんはコーヒーを買うときどうやって選んでいますか? 詳しい方は焙煎度で選んだ

0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888