top of page

コーヒーの精選4:ハニープロセス

前回のパルプトナチュラルは優れもので、ナチュラルで精選している農家から見れば設備投資は必要なものの欠点が少ない仕上がりになること。ウォッシュトの農家から見れば使う水量が少なくてすみ、環境負荷が少ない。しかも味わいに多様性が生まれる。


これをうまく活用したのが中米のコスタリカです。


コスタリカの場合はこのパルプトナチュラルをさらに細分化してミューシレージをどれくらい除去するかを調整することによって様々な味わいを作り出す文化がうまれました。


ミューシレージ除去率と呼称

0%:ブラックハニー ~50%:レッドハニー ~80%:イエローハニー ~100%:ホワイトハニー


ミューシレージをつけたまま乾燥するとだんだん自然発酵してきて変色するのですが、その色を基準に名前がついています。


ちなみに除去率と呼称はあくまでも目安で0%でも赤くなったらレッドハニー、25%除去したけど黒くなったらブラックハニーというふうに色が優先になるそうです。


あとハニーというのははちみつを使っているわけではなくコスタリカではミューシレージもはちみつも同じく"ミエル"と呼ぶことからパルプトナチュラル精選のコーヒーの甘さを連想される名前として名付けられたそうです。



次回はもうちょっと変わった精選についてもご紹介しますー😊

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

コーヒーは毎日淹れるからあんまりこだわって淹れると続かない。しかし美味しくないのもやだ。簡単で美味しく淹れたい。そんな方のための<ハンドドリップのレシピお手軽編>です。 とにかく"簡単で美味しい"レシピをご紹介したいところではありますが、とは言ってもやっぱり全部がなんとなくでは毎回出来上がりが不安定になってしまったり、美味しくなくなってしまうこともありますよね。 ということで今回お勧めするのは重さ

水にコーヒー粉を浸して作る"コールドブリューコーヒー" とろっとした質感の軽めで爽やかなアイスコーヒーを楽しめます。 特別な器具を必要とせず、不織布のバッグなどにいれて浸すだけなのでポイントをおさえれば失敗もなくお手軽です。 用意するもの 容量500cc以上のビンなどの容器 不織布のバッグ ※メッシュフィルターと容器が一体になったコールドブリューボトルがあればそれひとつでできます。 材料 浄水もし

bottom of page