コーヒーの精選4:ハニープロセス

前回のパルプトナチュラルは優れもので、ナチュラルで精選している農家から見れば設備投資は必要なものの欠点が少ない仕上がりになること。ウォッシュトの農家から見れば使う水量が少なくてすみ、環境負荷が少ない。しかも味わいに多様性が生まれる。


これをうまく活用したのが中米のコスタリカです。


コスタリカの場合はこのパルプトナチュラルをさらに細分化してミューシレージをどれくらい除去するかを調整することによって様々な味わいを作り出す文化がうまれました。


ミューシレージ除去率と呼称

0%:ブラックハニー ~50%:レッドハニー ~80%:イエローハニー ~100%:ホワイトハニー


ミューシレージをつけたまま乾燥するとだんだん自然発酵してきて変色するのですが、その色を基準に名前がついています。


ちなみに除去率と呼称はあくまでも目安で0%でも赤くなったらレッドハニー、25%除去したけど黒くなったらブラックハニーというふうに色が優先になるそうです。


あとハニーというのははちみつを使っているわけではなくコスタリカではミューシレージもはちみつも同じく"ミエル"と呼ぶことからパルプトナチュラル精選のコーヒーの甘さを連想される名前として名付けられたそうです。



次回はもうちょっと変わった精選についてもご紹介しますー😊

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

コーヒーの規格2:コロンビア

以前に"コーヒーの規格1:ブラジル編"を投稿して以来すっかり放置になっていた規格についての続編です。笑 昔からコーヒーが好きという方には"コロンビア スプレモ"というのはなんとなく聞き馴染みがある名前かもしれません。 前回のブラジルでは欠点豆の個数・スクリーンサイズ・味の3要素で規格を分けていました。 これに対し、コロンビアではスクリーンサイズだけでの評価となっています。 スプレモはスクリーン17

コーヒーの規格1:ブラジル

サントスNo.2って見たことあるでしょうか。ブラジルコーヒーの代名詞サントスNo.2。 ご存知のかたも多いかもしれませんがこの"サントス"は生産地、、ではなく港の名前なんです。 もともとコーヒーを輸出する際にこのサントス港から世界に送っていたところから港の名前がコーヒーの商品名となりました。いまでもコーヒー取引市場があり大きな輸出拠点となっています。 そのあとのNo.2というのが"規格"です。 N

コーヒーの乾燥と脱穀・選別

一息おいて今日はコーヒーの話の続きです😊 ようやく収穫・精選が終わってパーチメントコーヒーになった後は乾燥と脱穀の工程に入ります。天日乾燥と機械乾燥のどちらかもしくは併用で行われ、ここで水分含量を適正値(10 - 13%)にすることでカビなどによるダメージを防ぎます。 その後脱穀機でパーチメントから生豆を取り出すのですが、豆に圧をかけてパーチメントを割り中の豆をだすので、水分量が適正でないと割れ

0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888