コーヒーの収穫1:機械での収穫

今日は収穫についてです😊



前回コーヒーの実は緑から赤色に変化していくと書きましたが、コーヒーチェリーが熟すタイミングにはばらつきがあるため、赤と緑の実が混在した状態から収穫することになります。


主な収穫方法としては機械と手摘みがあり、機械式の代表的な産地がブラジルの大規模農園です。世界一の生産量を誇るブラジルだけあって、大規模農園となるとその広さは東京ドーム何十個分。とても人の手では間に合いません。



機械の場合は振動するブラシなどで枝を揺らして実を落とすことで収穫します。揺らす強さを変えることである程度熟したものだけを収穫するように調整できるそうですが、100%完熟というわけにはいかず、未熟豆の混入もあります。




おなじブラジルでも小規模農家などは高地かつ斜面にある場合がおおく、機械での収穫は難しくなります。シェードツリーを間に植えている場合も同様です。



ということで手摘みの場合はというと、、次回につづきます😊



今日パーチメントコーヒーを見つけたので植えましたが保存期間が長くなればなるほど発芽率は下がるそうなので、期待せず経過を見ようと思います。笑

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

コーヒーの規格2:コロンビア

以前に"コーヒーの規格1:ブラジル編"を投稿して以来すっかり放置になっていた規格についての続編です。笑 昔からコーヒーが好きという方には"コロンビア スプレモ"というのはなんとなく聞き馴染みがある名前かもしれません。 前回のブラジルでは欠点豆の個数・スクリーンサイズ・味の3要素で規格を分けていました。 これに対し、コロンビアではスクリーンサイズだけでの評価となっています。 スプレモはスクリーン17

コーヒーの規格1:ブラジル

サントスNo.2って見たことあるでしょうか。ブラジルコーヒーの代名詞サントスNo.2。 ご存知のかたも多いかもしれませんがこの"サントス"は生産地、、ではなく港の名前なんです。 もともとコーヒーを輸出する際にこのサントス港から世界に送っていたところから港の名前がコーヒーの商品名となりました。いまでもコーヒー取引市場があり大きな輸出拠点となっています。 そのあとのNo.2というのが"規格"です。 N

コーヒーの乾燥と脱穀・選別

一息おいて今日はコーヒーの話の続きです😊 ようやく収穫・精選が終わってパーチメントコーヒーになった後は乾燥と脱穀の工程に入ります。天日乾燥と機械乾燥のどちらかもしくは併用で行われ、ここで水分含量を適正値(10 - 13%)にすることでカビなどによるダメージを防ぎます。 その後脱穀機でパーチメントから生豆を取り出すのですが、豆に圧をかけてパーチメントを割り中の豆をだすので、水分量が適正でないと割れ

0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888