カフェジーニョ

ブラジルは世界一のコーヒー輸出国として有名ですが、国内の流通はやはりコロンビアと同じで品質の高い豆は輸出用、欠点豆の多い低級品を国内消費用としています。近年では首都のブラジリアやサンパウロ、リオデジャネイロなど大都市のカフェを中心に高品質なスペシャルティコーヒーも飲まれるようになってきているようです。


ただスペシャルティと言ってもブラジルの場合は法律で国外からの生豆の輸入は禁止されているので、自家焙煎のお店はブラジル産のコーヒーのみで、国内の産地ごとに豆が分類されて売られていたりします。


国内産以外のコーヒーに関してはインスタントや焙煎された豆などの加工されたコーヒーのみが流通します。スターバックスなどの外資大手は焙煎してから輸入する形態です。



世界中のコーヒーが飲める日本人のコーヒー好きからするとブラジル産しか飲めないなんてと思うかもしれませんが、もしかしたら日本人がほとんど国産米しか買わないのと同じでブラジルが一番美味しいに決まってるじゃんていう感じかもしれませんね。😊



ちなみにブラジルのもっとも庶民的なコーヒーは"カフェジーニョ"と言われる安価な豆で作られる少量で深煎りの濃いコーヒー。


普通に飲むとにがーい味ですが、赤道直下の暑い国でサトウキビも豊富にとれる土地柄なので砂糖をたっぷり入れて飲みます。やっぱりエスプレッソに似た文化ですね。



一度はコーヒーの本場ブラジルいってみたいです。😊

0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888