アメリカンコーヒー

そうそうカプチーノとカフェラテに似た話になりますが、アメリカンコーヒーというのも実は2種類の解釈があります。


変な言い方にはなりますが、、


アメリカ由来のアメリカンコーヒー

ヨーロッパ由来のアメリカンコーヒー


です。もともとアメリカで飲まれるコーヒーは浅煎りのものでした。

これは、西部開拓時代にコーヒーは高級品で歩留まりをよくするためとか、豆の劣化を見えづらくするためとも言われたりするのですが、

要するに"薄いコーヒー"というイメージではなく、苦味の少ない浅煎りのコーヒーというのがアメリカで飲まれる一般的なコーヒーだったということです。



それに対して日本でアメリカンコーヒーとして供されるものはドリップコーヒーをお湯で少し薄めたものが多いのですが、これがヨーロッパ由来のアメリカンコーヒーです。


ヨーロッパ(主にフランスやイタリア)は深煎りの濃くて苦くて少量というコーヒーが主流だったので、旅行にきたアメリカ人がもっと浅煎りのコーヒーが飲みたいというけど無いのでお湯で薄めて出してあげる。という感じでできたのがアメリカンコーヒーや、エスプレッソアメリカーノなどの飲み方です。


今の時期はアイスのアメリカーノも美味しいですよね。



コーヒーを入れる立場としてはアメリカーノはエスプレッソの味がそのまま出るので、ちゃんと美味しいエスプレッソで無いと美味しく作ることができません。


結構気の抜けないドリンクです。



0

© 2019 Caffè Nil all rights reserved.

Caffè Nil

​千葉県市川市行徳駅前1−7−9

お電話でのお問い合わせはこちらから

047-705-0888